Very Hard Delight Life

内容はLinux, HW, プログラミング, HaFaBra.

"Fanfare Band Highlights WMC 2017" レビュー Disc 1

WMC2017のFanfare Band Highlightが11月上旬に届いた(個人輸入なので日本最速!)のですが、なかなか聴くためのまとまった時間を取れずに過ごしてしまったので、今更ながら簡易的なレビューをしようと思います。

WMC Kerkrade :: en

A Diamond for Parker (Rob Goorhuis)

本作品は"testpiece 1st division"、つまり今大会の1部の課題曲の中で最も優れた演奏だったといえます。

Thomas Tallisによる「大主教パーカーのための詩編曲」 Archbishop Parker's Metrical Psalter に触発された作品となっております。

youtu.be

また、同様のテーマを使用して有名な作品といえば、R.V WilliamsのFantasia on a Theme of Thomas Tallis です。

youtu.be

イントロで心を掴まれ、静かに運ばれる主題に心奪われます。

作品としては、厳かな始まりからあふれる勢いに乗ったトッカータ調の主題へ繋がります。 その後広がりを見せたコラール調(原曲風です)に移行し、最後はトッカータ調を再現して終わりを迎えます。 楽器の特徴を遺憾なく発揮させる作曲となっています。

Astral Poetry (Olier Waespi)

Champion Concert Divisionの演奏です。

冒頭のA.Saxのソロは絶品ですが、全体的にソロ(カデンツァ)がちりばめられており、さらに高難易度の合奏によって支えられている曲の作りとなっております。 太陽系の惑星たちがおりなす公転のダンスを、ジャジーな超絶技巧とバロック式の構成(緩急緩急)で紡ぎあげたのが本作とのこと。

パワーにあふれております。 目まぐるしく変わる主題、流れるように受け渡される各種カデンツァが、太古から続く惑星のめぐりあわせを美しく表現します。

Earthrise (Nigel Clarke, arr. Luc Vertommen)

冒頭の音響は誰にも真似できないだろう(演奏も、作曲も!)という感じで迫ってきます。 この曲はアポロ8号を題材にしており、急緩急(地球の引力からの脱出-宇宙からの地球-帰還)を題材にしているそうです。

アポロ8号 - Wikipedia

中間部の美しさはErick SwigersのAuroraをちょっと想起させる感じです。

Eric Swiggers - Compositions for Windband

この曲は冒頭で観客の心をわしづかみにするでしょう。

A Child like You (Andy Scott、arr.Thom Zigterman)

近年必ず1作はある、合奏にナレーションおよび独唱がつく作品です。

もともとはAndy Scott氏が作成したブラスバンド用のショートオペラを、本バンドがFanfare Bandにアレンジしたそうです。

youtu.be

Andy Scott (saxophonist and composer) - Wikipedia

イディ・アミンが独裁政権を敷く70年代初頭のウガンダにて、17歳のウガンダとアジア(印僑:インドからの移民、だと思います)の混血児の受け入れをめぐる話となっています。 Andy氏が6歳の頃の、彼の両親によるその少年の受け入れを通した難民に関する話が曲の構成のもととなっているそうです。

イディ・アミンといえば、映画「ラストキング・オブ・スコットランド」ですね。

youtu.be

Breathless from Jazz (Philip Wilby)

Philip氏が作成した4編から成るシンフォニックダンス"Jazz"の最終楽章となっています。

随所にちりばめられるNew Yorkへの憧憬、または"West side story"を作曲したL. Barnstein氏からの影響を隠さずに繰り広げられる、短いながらもドラマチックな作品となっています。

youtu.be

fanfaria musica* 2013を振り返る

本記事は、私が関わっているFanfare Orkest バンド "fanfaria musica*" (https://fanfaria.wixsite.com/fanfariamusica)の結成5周年を迎えました。 そのため、過去に私が書いたブログ記事を引用することで、結成当時を振り返りたいと思います。 この記事はちょうど1回目の演奏会であるfanfaria musica* 2013が終了した後に書いたものです。 見出しを付ける加工は施しましたが、基本的に手直しは加えておりません。

歴史的文章としての価値があればよいかも。


個人的には十分楽しめた演奏会でした。 朝の練習から、トロンボーンが壊れてその代替楽器を求めて東奔西走したことなども含めて、楽しいものだったと思います。

これほど本番が大丈夫か気になった演奏会は類なしです。 まるでジェットコースターでした。

反省点

楽しい思い出ばかり語っていてもきりがないので、ここでは反省点を述べたいと思います。

主なものを3つ出すと、 ・練習の密度が低い ・連絡が不徹底 ・演奏会の構築が遅い が挙げられるでしょう。

まず、練習の密度について。 これは元々想定していた「人が集まらない」ことをどうやってクリアするか、に掛かってくると思います。 次回からは、誰もがどのセクションでも吹けるようにしておくことや、録音機材を用いて練習を共有できるようにすることが必要です。

次に、ホウレンソウについて。 上から一方的に連絡することは出来ますが、全員の意見を共有することが出来なかったり、出席の情報が徹底できていなかったり、練習会場や楽器の貸し出しなどの情報にも不備が多かったと思います。 次回からは、「誰がどうするか」をより明確にする必要があります。特に、練習会場と楽器はバンドの活動の土台なので、こういう場面でぬかりないようにしなければなりません。

そして、演奏会について。 ホールがだいぶ早く決定していたのは本当にありがたかったです。 しかし、ホールはもう6か月前ぐらいに決まっていたのに曲が揃わないという事態は、演奏会のクオリティへ大きな衝撃を与えたこと間違いないでしょう。 いい教訓となったと思います。曲と練習場所が揃わないと演奏会は始まらないわけですね。 今度やるならば、編曲が揃ってから本格的に始めるのがよいと思います。

他にも、フリューゲルによるサウンドづくりの件やアンサンブルレベルの低さなど、反省すべき点はいくらでもありますね。

楽器別の反省

少し詳しく楽器別に分析しましょう。

サックス:
S.Saxがないと大幅に崩れる。A.Saxのサウンドがもう少し欲しかった。16分が整わない。メロディが平坦。
フリューゲル:
和音が組めない。One Playでなんとかクオリティを切り詰めた感じ。16分やシンコペーションを聴くと基礎が足りない印象。
ホルン:
人数の割には存在感がない。強奏と弱奏の差が分からない。
トランペット:
基本的にピッチとアーティキュレーションが不徹底。音圧がバンドとして強すぎる。他のパートが聴けていない。
トロンボーン
弱奏が不安定。和音が整わない。リズムはまだまだ練習が必要。
バリトン
もう少し浮く音質を目指すべき。4本もあるのに、存在感が欲しいところ。
ユーフォ:
旋律を吹く技術が必要。中低音としての安定感が欲しかった。
チューバ:
パートとしてのまとまりが足りない。基本的に弱奏が大きすぎる。
パーカッション:
縦が合わない。音色はもっとこだわりを。呼吸を合わせる感覚が欲しい。

私の反省点としては、トランペットのピッチと音程が悪いことでしょう。これは練習不足としか言いようがありません。また音量過多な部分が多いのが気になります。全体のバランスを考えずに吹いている感じ。

私見

今回の演奏会はかなり軽い気持ちで引き受けました。

演奏会やるから振って!と言われて、断る理由がありませんからね。3月ならば暇ですし。ちなみに、この頃は大阪大学吹奏楽団のフェアウェルを失念していました。関係者の方々、申し訳ございません。

今回の壁は、物が揃わないことでした。 人員、楽器、譜面。全てが満足にあるわけじゃない環境でした。大学のサークル時代ではすべてが豊富にありましたからね。人がいないパートなんて存在しませんでしたし、楽器は個人持ちを含め十分な数がありました。譜面は必ず期限までに国内外から取り寄せている。今考えてみるとものすごく恵まれた環境でした。 まあ、このような事務関係が回らなければ音楽活動がままならないため、しっかりしている必要があるわけですが。 しかし、今回は甘くありませんでした。 本当に手作りな演奏会でした。私自身、自分で吹かないのにフリューゲルホルンを3本、伝手を頼って借りました。練習場所も大学の間借り。楽譜も新たに編曲が必要なものがあったり、出版社の事情により遅れたりと、もう前途多難でした。最後の楽譜が出来上がったのが本番1週間前でした。まさに危機一髪です。人が集まらないのも大打撃でした。いろいろな演奏会が重なっていて参加者が忙しい時期に重なってしまったのも原因ですが、最大で6割しか集まらない現実を突き付けられたときは、絶体絶命でした。

しかし、私はこの演奏会を成功したかったのです。 公には言っていませんが、今回私の友人が参加しています。結構深い関係な気がします。 その友人が、今回大学を卒業して完答へ社会人として引っ越すわけです。引っ越すことがどう、というわけではありません。別に会えないわけじゃないですから。 その友人が参加する最後の演奏会だろうと思いまして、余計な心遣いだというのは重々承知ですが、なんとか心に残る思い出になれば、と一計を練ったわけです。別にいい思い出になれとも悪い思い出になれとも思っていたわけではありません。なにかしら、その友人に残ればいいな、と。よく言うじゃないですか。モノより思い出って。

先ほどは主な目的ですが、こういうジョイントコンサートのようなイベントに私は疎かったので、だんだん知らない人との関わり合いが増えるのです。これがまたとても楽しくて。 本演奏会がなければ知り合えなかった人がかなりいるわけですので、本当に本演奏会に参加して良かったなぁ、と思います。

謝辞

全員揃ったのは本番以外ありませんでしたが、誰一人欠けても本演奏会のサウンドは奏でられなかったわけです。 だから出会えたことに感謝。 願わくば、私と出会った人に何か与えられたらば…と思います。

演奏会を聴きに来ていただいた方々はもちろんのこと、参加者の皆様、そして本演奏会を企画した人々、本当に感謝しています。 特に統括と会計担当者には、深謝申し上げなければなりません。ありがたやありがたや。彼女らがいなければこの3か月は回らなかった!


日本語がおかしいのは5年前だからなのか、それとも勢いで書いているためなのか。 今年の反省も書きます。

直積の求め方

Introduction

プログラムのテストの際,各変数の組み合わせをすべて網羅したいときがあります. そういうとき,よくあるのがShellscriptによるfor文ですが,

for K in 2 4 8 16; do
  for L in 1 2 3 4; do 
    for M in 100 200 300 400; do
      echo "./foo -k $K -l $L -m $M >log_${K}_${L}_${M}" >>cmdli
    done
  done
done
cat cmdli | xargs -I % bash -c '%'

と書くとI/Oの遅延になかなか遅いのですし,スクリプト行数が多めです. ちなみにこれで64パターンです.

Method

ここでPerlワンライナーを使うと早そうな気がします.

qiita.com

ただし,このサイトを参考にして,

perl -E '@a = @{[glob("{2,4,8,16}{1,2,3,4}{100,200,300,400}")]}; print"@a\n"'

と書いてもこれでは出力の再利用性が低い上,遅いのでイケていません.

もうひと工夫必要です.

ハードウェアの研究をしている日本の研究室一覧

モチベーション

ハードウェアを研究したいけれど,どこを目指せばよいのか?という受験生のために...というのは表面的で,業界研究の一環です.

一覧

head, tailコマンドのもう一歩進んだ使い方

experiment.blog.so-net.ne.jp

headおよびtailコマンドには大変お世話になっている. 特に,データの切り出しには重宝している. 例えば,4桁の16進数から末尾6ビットを切り出すコードは以下の通り. なお,使用するシェルはbashを想定している.

HEX="05be"
echo "obase=2;ibase=16;$(echo ${HEX} | tr [:lower:] [:upper:])" | bc | \
awk '{printf "%016s", $0}' | tail -c 6

最後のtail -c 6tail -c +11で代替可能である.

Hexadecimal => Binary with leading zero

bcコマンドを用いて二進数へ変換した場合、リーディングゼロが付かない。 一方で、二リーディングゼロを持つ二進数が欲しい場面はディジタル回路のテストベンチ作成において多い。

入力をfoo.hex、出力をfoo.binとする。 foo.hexには各行に16進数でデータが記載されているとし、各行は同じ桁数とする。

HEX_LEN=`head -n 1 foo.hex | tr -d '\n'` | wc -l`
for l in `cat foo.hex`; do
  echo "ibase=16;obase=2;${l}" | bc | awk '{printf "%0${HEX_LEN}s", $0'
done

ボーダーライン(sicario)

ohyoso.hatenablog.com

border-line.jp

miyearnzzlabo.com

宇多丸、映画『ボーダーライン』を語る!by「週刊映画時評ムービーウォッチメン」2016年4月16日放送|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

「ボーダーライン」(Sicario)をレンタルで視聴. ここ最近はメキシコマフィア(ナルコ)というジャンルが洋画界隈のジャンルとして存在感を示し始めてきたのではないだろうか.

監督の「複製された男」も好きですよ!

eiga.com