読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Very Hard Delight Life

日々の記録を短めに記述。

「ザ・カルテル」(ドン・ウィンズロウ/峯村 利哉)

読書

ネタバレはなしで。

力強い文章と情景描写の細かさによって、まるで登場人物が実在し、本作がルポタージュのような感覚に陥る。 作者と翻訳者の力量に唸る。

「犬の力」の続編だが、前作を読んでいなくとも十分楽しめる。 実際私も「犬の力」は未読である。

私のお気に入りの登場人物は「エディ」である。

映画「カルテル・ランド」を見た時の衝撃は凄まじかったし、生々しさに恐れおののいたが、本作を読むとその実態、というか一面がよくわかるようになる。

【カルテル・ランド】映画を見る前に知っておきたいこと

「暴力・ドラッグ・女」な作品なので万人に受けることは期待していないが、寝る間を惜しんで読んだ作品であり面白い。